詐欺業者について


火災保険でリフォームとうたって詐欺まがいのことを行う業者がいることにも警鐘を鳴らしたいと思います。そういった詐欺的な業者の多くは「訪問販売」や「電話勧誘」を利用しています。もちろん訪問販売会社の全てが悪徳業者とは言いませんが、傾向としては大部分が訪問販売でお客様を集めているようです。

悪徳業者の許せない手口

消費生活センターによる火災保険の相談内容は上昇傾向であり、手口としては以下の手口が多いようです。

①、業者が屋根や壁を壊して申請する。
②、保険金がおりる前に工事を始めてしまい、適用にならなくても工事費を請求する。
③、保険金が適用にならず工事を中止にしたが、解約手数料として高額な請求を行う。
④、契約後、不要な工事の料金も上乗せして、常識はずれな高額な見積もり金額を請求する。

このようなことで不安がある方は、当社でのセカンドオピニオンサービスとして、当社で修理被害個所の独自確認、概算修理金額算出、保険申請の可否診断、専門的な見地からのアドバイスも行っておりますので不安な方はメール又は電話でご相談ください。近年は、関東でも大雪、雹災、台風、突風、落雷、地震、の自然災害が多くあります。

多くのリフォーム会社は、こういった自然災害が増えている事にも関わらず利用している会社は少数です。例えば屋根の板金が浮いていたとします。保険申請すると「風によって釘が浮いた」という鑑定人からの結果が出て保険金がおりる場合がありますが、大半の会社は釘を打って修理して終了です。理由は、そもそも保険申請の発想がないということもありますが、もう一つの理由は保険を申請し、認定されるまで待てないといった理由があります。

保険の加入は簡単ですが、請求は書類関係や損害個所の撮影等と意外と大変です。リフォーム会社としては、いちいち保険申請して2~3週間待った上に鑑定人との立ち合い、損傷写真、書類と面倒な仕事が多くなります。そんなことよりサッサと仕事を終了したいと考えてしまうといった理由もあるのではないかと思います。
   
低コストリフォーム研究会では、自然災害鑑定士の資格を持った担当者がお伺いして無料診断を行っております。保険の申請が可能と判断した場合は、被害個所の特定、撮影、書類の作成を行い実際に保険が下りるまで工事は行いません。また保険が適用されなかった場合の費用は一切かかりません。
easy to get loans with no credit checkкоралловыйсоздать интернет магазин онлайн

PAGE TOP