火災保険を有効活用

火災保険を活用してお得にリフォームについて解説!

 
火災保険を活用して実質0円でリフォーム!
これって詐欺じゃないの?

と思われる方もいるかもしれませんが、ここで火災保険のカラクリについてちょっとだけ解説いたしますね。

実際のところは

 
実質0円リフォームできる方も多くいらっしゃいますが全てのお客様ではありません。なぜなら、実際の被災の有無や損傷の範囲、またご加入の保険内容によっても異なるからです。実は、低コストリフォーム研究会にお問い合わせいただくお客様の中で無料診断を行った結果約7割の方に実際に自然災害による被災が確認され保険適用となっております。

では、どういった被災内容かというと

大雪や風災による雨樋の歪み

 

風災、雹災による屋根の損傷

 

屋根調査画像

等が多くなっております。

※このような損害の多くは火災保険の申請によって認可される可能性が高いです。
(※注1)経年劣化での損傷は適用外となりますが、その判断は難しく経年劣化と思われていた部分が、実は自然災害によるものと認定される場合も多くあります。
そして忘れてはいけないことは、保険は申請主義だということ。火災保険も医療保険も自動車保険も申請しないことには、保証されません。事故を起こした、入院した、台風で雨樋が壊れた、どれも自ら申請しない事には保険は適用されないということです。
(※注2)火災保険は申請しても保険料は値上がりしません。修理した後に再び災害を受けた場合には、再び保険も適用されます。(工事を行わなかった場合はおりません。)

でも、それだと自然災害で被災した部分しか修理できませんよね?
その通りです。あくまでも火災保険の申請では実際に被災した部分の修理費用になります。
(※注3)但し、申請で降りた保険金の修理への使い道は自由です。

しかし実際に屋根や雨どいを修理するには・・

例えば足場の架設が必要ですし、その他様々な経費も発生します。

その費用を考えて同時に外壁塗装ができたら・・・

ここに火災保険のノウハウがある会社とない会社の違いがあります。

見積もりを作成するにあたり、細かい調査やヒアリング、災害を受けた時期、なぜ起きたかを細かく調査し、適用される範囲を徹底調査します。当社の徹底調査の一例として、住宅内の自然災害による水漏れ等も調査を行っております。※住宅内の自然災害調査を行うことができるノウハウをもった会社は少数なのです。

そういった調査を行ったうえで、実質0円のリフォームを実現したり、または自己負担を大幅に軽減したリフォームを実現しています。外壁塗装をお考えの方、また雨樋の歪みや屋根の損傷、アンテナ等の損傷がある方は1度、当社にお気軽にご相談ください。

無理な営業、訪問販売は一切行っておりません。たまに、もう少し営業かけてほしいとの要望があるほどですので、ちょっと気になる問い合わせの電話でもお気軽にご連絡ください。
спортивный костюм с жилеткойвакансии новая почта одессаперевозка грузов киев дешево

PAGE TOP